就職や資格取得に有利な専門学校に行こう



専門学校

 

 

専門学校とは、その名の通りある分野において専門的に学ぶ学校のことです。正しくいうと専門課程を置いている専修学校のことを指しています。専修学校でも一般家庭があって専門課程がなければ専門学校とは言いません。

 

 

専門学校は職業や一般生活の中で必要とされる能力を育成する教育施設です。学校教育法によると、修業年が1年以上あること、授業時間数は文部科学大臣が定めるとおり年間で800時間以上とること。
教育を受けるものつまり生徒が常時40人以上いること、このようにして専門学校について定めています。

 

 

元は専門学校とは戦後の旧学校制度での高等教育の一類型でした。
単科の学問を教える大学教育とは別に社会で実際的に要求されている人材を育成するため、社会にでて即戦力として働けるように作られたのが専門学校です。

 

 

各種学校にはそれぞれ国立、公立、私立とあります。
このうち私立の専門学校や専修学校などは私立学校法というものが定められており、所在する都道府県知事の認可を必要とします。

 

 

専門学校において規定の要件を満たすと「専門士」の称号が与えられます。
一般的には大学や大学院を卒業した人には「学士」や「博士」「修士」などの学位与えられます。
短期大学や高等専門学校を卒業した人には「準学士」という称号が与えられます。
「専門士」はこの「準学士」と同じ位の称号となります。

 

 

さらに修業年が4年以上などの定められた要件を満たせば大学院へ進学することも可能です。
修業年が3年以上などの定められた要件を満たした卒業生に対しては大学入学資格も与えられます。
このようにして専門学校では手に職をつけられるだけではなく、その後の道を新たに切り開くきっかけとすることもできるのです。